• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

Blog

2019/03/15 11:00


朝晩はまだ肌寒いですが、日中はこのところぽかぽか陽気が続いています。
来週あたり、関東でも桜の開花宣言が出そうな予感…。
何となく心も浮き立ちますが、花粉症の方には辛い時期ですね。 

花粉症と言えば、定番の目、鼻、喉の異変に加えて
ここ数年、肌にも違和感を感じるケースが増えて来ました。


Q.花粉の時期に肌が乾燥して荒れたり、部分的に軽い赤みやかゆみを
  感じることがあります。どんなお手入れをしたらいいですか?

A. 毎年新たに花粉症デビューする人数が増え続け、今春は飛散する花粉量は例年の4倍だとか。
春先(スギ花粉)や秋口(ブタクサ等)に肌の乾燥や赤み、かゆみが出る状態を
「花粉皮膚炎」というそうです。

原因は肌のバリア機能の低下。
乾燥の厳しい冬を過ごした肌は、水分/油分 のバランスが崩れ、バリア機能の鍵である角層が乱れて
外からの刺激を受けやすくなっています。 

不要な摩擦を避けて、丁寧な洗顔と十分な保湿をお心がけください。


★おすすめ Premiumu コラーゲンエッセンスマスク★
〔保湿/バリア機能サポート〕
■カタツムリ:養殖者の手がきれい!! 
■ヒアルロン酸:6,000倍の保水力
■コラーゲン:ペプチド化で角層への浸透力アップ
■N.M.F. アクア:海水由来の豊富なミネラル。


カタツムリ分泌液は、コラーゲン、エラスチン、アラントイン、グリコール酸、ビタミン類など
美容成分を豊富に含み、角層をなめらかに整える効果が期待できます。


Premiumコラーゲンエッセンスマスク10種に共通配合の「オウゴン根エキス」は、
和漢植物エキスの中で、環境汚染物質対策(アンチポリューション)として近年注目の成分です。
花粉と一緒に空気中を漂う、排気ガスやPM2.5から大切な素肌も守ります。