• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

Blog

2019/06/07 11:00


4月、5月と祝祭日があったせいか、おまけのお休みがない6月のカレンダーにも、
お休みマークを探してしまいます。

梅雨入り目前で湿度も温度もあがりなんとなく肌がべたつく時季の
おすすめマスクは…?

Q:
肌質は普通ですが、このところTゾーンのテカりと頬のあたりの毛穴目立ちが
気になります。化粧崩れしやすくなって困っています。

A:
6月は湿度が上がり、空気中の水分が増加します。
その影響から肌表面がしっとりしているように感じますが、肌の内部は潤い不足というケースが少なくありません。

見かけのうるおいに安心して水分補給が行われないと、“足りない水分を皮脂で補う”とばかり過剰に皮脂を出し、
結果、皮脂腺の多いTゾーンがテカることに…。

特に、高温多湿な初夏から夏にかけて、皮脂の分泌は冬の約2倍とも言われ、毛穴が開いたり、
毛穴詰まりが起こりやすくなる一因でもあります。

水分バランスを整えて、毛穴まわりを引き締めてあげるには「冷やしマスク」が有効です。
ご使用前に10分程度冷蔵庫で冷やすとひんやり感がここちよいマスクに変身!
クールダウンもうるおいケアも同時に叶えてファンデーションのもちもアップします。
これからの季節、冷蔵庫にマスクの“冷やし置き”があるとうれしいですね^^♪


★収斂 &うるおいケアに効果的な Premiumu コラーゲンエッセンスマスク★

〔毛穴まわりの収斂/透明感〕
■ビタミン:安定型ビタミンCで毛穴まわりをキュッと引き締め、明るい透輝肌へ

〔保湿ケアのICU〕
■ヒアルロン酸:6,000倍の保水力
■コラーゲン:ペプチド化で角層への浸透力アップ
■N.M.F. アクア:海水由来の豊富なミネラル

★Premium コラーゲンエッセンスマスク10種 共通成分のご紹介★

【β-グルカン】
β-グルカンは、キノコ類やパン酵母の細胞壁に含まれる、天然由来の成分。
保湿力はヒアルロン酸の2倍以上で、コラーゲン生合成を促進するはたらきがあり、
しっとりとしてハリのある肌へリードしてくれます。
肌への負担が少ないので、敏感肌の方や荒れやすい肌にも◎